薬事法の広告や景品表示法の広告表示を詳細にやさしく解説

景品表示法とは

『景品表示法』とは略称で、正式名称は”不当景品類及び不当表示防止法”です。

この法律は昭和37年に、独占禁止法の特別法として制定されました。

消費者が正確に商品の質やサービスが選択できるよう、不当な表示や誇張した表現、過大な景品類の提供を厳しく事業者に規制している法律です。

薬事法・景品表示法

はてなに追加
MyYahoo!に追加
del.icio.usに追加
livedoorClipに追加